奨学金の返済で困っています

僕は社会人になって3年目なのですが、大学生の時に借りた奨学金の返済がいよいよ厳しくなってきました。
申し込んだ当時は、家の家計も厳しく、親からも当然のように利用するから、と言われ、あまりピンときてないにもかかわらず申し込んだのを覚えています。
まぁ基本的に大学進学は自分から望んだ事でもあるし、バイト代はそのまま小遣いとして使えるだろうから・・・といった感じでしたね。
ただ、当時はそれで”楽”っていう感覚はあんまりありませんでした。
もしかしたら親は助かるって思っていたのかもしれませんが、自分的にはバイト代だけじゃ小遣いは足りないって思ってましたから。
それは単に飲みに行ったり遊びに行ったりするお金だけじゃなく、運転免許を取ったり、資格取得のための学校に通ったりしてたから、ある程度まとまったお金も必要だったんですよね。
それでも今まで何とか返済してきたんですが、会社の給料も安く、勤務地も実家からはかなり離れた事業所に配属になった事もあり、もう賄えなくなってしまったんです。
それで、奨学金の返済で困っている人の事を色々調べてみたんですが、結構返済できなくて困っている人が多いことに驚きました。
でも「そりゃそうだろう・・・」と思ったのも確かで、ホントよくみんな返済できるよなって正直思います。
延滞してる人も多いみたいで、その内容は

・忙しかった(金融機関に行くことができなかったなど)
・返還を忘れていた、口座残高をまちがえていたなどミス
・家計の収入が減った
・家計の支出が増えた
・入院、事故、災害等にあったため
・返還するものだとは思っていなかった
・その他

といった感じでした。
でも上の2つとかであれば、特に問題ないと思いますが、家計の収入・支出の場合は深刻です。
支出は僕のパターンですね。

あと、根本的に返せない理由としては、

・本人の所得が低い
・本人が失業中(無職)
・本人が学生(留学を含む)
・本人が病気療養中
・本人の借入金の返済
・親の経済困難

といったものが主な理由のようです。まさにこういった理由であれば、簡単に解決はできないですからね。
会社が終わった後や、土・日・祝日にアルバイトをすることも考えましたが、年数が経つにつれ、会社でも忙しい部署に配属になり、残業や休日出勤で、それもできません。
こうなればもう自己破産しかないのか?なんて考えましたが、やっぱりさすがにそれは今後の事も考えるとできません。
ましてや会社に自己破産した事が知れたりしたらクビでしょうからね。
やっぱり足りない分は何とかして返済のメドを立たせなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です