住宅ローンは頭金をできるだけ多く払ったほうが良い?

いやぁ最近住宅購入の話が回りも含め結構アツいわけですが、いわゆる「頭金」ってありますよね。。その話になったわけです。

というのも頭金は多く払った方がよいのか、あるいはできるだけフラットにした方がよいのか、という話で両論別れたんですよね。

そもそも住宅は一生に一度の買い物といわれるように大きな出費です。当然ほとんどの人はローンを組むことになると思います。

個人的には、やっぱり現金で払う頭金はできるだけ大きくして、ローンの金額を抑えるべきじゃないかなって思います。

例えば3000万円の物件を買うとして、200万円しか頭金がないと、残り2800万円をローンで組んで用立てることになります。それを3.5%の固定金利で借りて30年で返済すると、単純計算しても1730万円もの利子を払うことになります。

それに対し頭金を1000万円用意して、残金2000万円の30年ローンを組むと支払い利子は約1230万円ですんでしまいます。

つまり、元本の返済以外に払わなければならない利子の額に500万円もの差が生じるわけです。

さらにその利子の差額分を銀行に預けて上手に運用したとすれば、最終的に手元に残る総額の差はますます拡大していくことになります。

もし、融通してもらえるものなら、親から相続税がかからない額を融通してもらい、月々返済していってもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です