学資保険は本当に入るべき?

子どもの教育費は家計を圧迫する要因のひとつともいえると思いますので、事前にある程度の資金プランを立てておきたいものです。

その選択肢のひとつが学資保険です。子供の教育費のために保険料を支払っていくと、満期時、(15歳、18歳など)の保険金やお祝い金を受け取れますし、親が死亡するなど万一のことがあった際には保険料の支払いが免除され、満期保険やお祝い金も支払われるので大変人気があるようです。

ですが・・・

ちょっと待ってください。学資保険は貯蓄性が高いとはいえ、生命保険の一種なので、運用次第では元本割れになる可能性も十分ありますし、別途生命保険に入っていれば二十で保険をかけている事にもなります。

そもそも保険は万一の事態に備えるものなので、余計な保険金を支払うのは損です。また、学資保険に入るよりも定期預金などを使って自分で積み立てていったほうが結果的に有利なこともあります。

安易にが学資保険に入るのではなく、本当に必要かどうか、よく吟味すべきだと思います。そのうえでもし学資保険に入ることに決めたのであれば0歳から加入した方がお得です。

加入年齢が高くなればなるほど毎月支払い保険料が高くなり、返礼率も低くなてしまうからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です